時間と手間を省ける!マークシートを導入することで得られるメリット

HOME>オススメ情報>マークシートを導入して業務の効率化を目指そう

マークシートで効率化

テストやアンケートにマークシートを導入すれば、採点から集計まで、面倒な作業を自動化することができます。

こんな所で導入されています

  • 塾内で行われているテストの解答用紙。
  • 小中学校や高校で行われている学期試験。
  • 大学や短大で行われている入学試験。
  • 大学や短大、専門学校が行なっている卒業生へのアンケート。
  • 企業が行なっている顧客アンケート。
  • 企業で行われている入社試験や昇進試験。
  • 病院で行われている患者さんへの症状確認。
  • 国家資格や民間資格など、各種資格試験の解答用紙。
  • 通学講座やオンライン講座で行われているテストの解答用紙。
  • 企業内で行われている出退勤管理。

導入するメリットは多い

マークシート 教育機関や企業でマークシートを導入するメリットはたくさんあります。まずは採点や集計処理時間の短縮です。専用のソフトに集計ソフトに番号や配転を登録します。後は機械が読み取ってくれるので、手作業より圧倒的に早く集計が終わります。マークシートなら読み取りしている間に他の作業に取り掛れるので業務の効率化ができます。学力分析や統計分析も行えます。複数の項目を集計したり測定値の変化を測ったり色々なことが可能です。アンケート回収率の高さにも一役買います。特に記述式のアンケートでは回答を自分で考える必要があります。マーク方式であれば書く側も回答をスムーズに行えるでしょう。

スキャナを用意するだけでOKです

グラフ 従来のマークシートではOMRという専用機器の導入が必須でした。しかし、最近ではスキャナで読み取れるマークシートが登場しています。専用のスキャナでなく、オフィスにある市販のスキャナで充分読み取り可能です。複合機にも使用できるので自社のスキャナが読み取れるか確かめてみましょう。OMRは高い読み取り制度を誇っていますが、導入には多額の費用が掛かります。高いコストをかけられない企業ならスキャナと複合機の方が助かるかもしれません。シンプルな機能なので簡単な事務を行える人なら問題なく扱えます。無料ソフトもあり、CSVやエクセルファイルにも出力できます。費用対効果が良いのも特徴です。ぜひ自前のスキャナを使って集計・分析してみましょう。

広告募集中